利尻・礼文島産 塩水うに うに好きのみが知っている 夏限定の味わい

利尻・礼文島産 うに

口の中でとろける深い甘みと、ふうわり広がる磯の香り。
美しく輝く最北の島のうには、違いのわかる方に贈りたい夏の逸品。
初夏〜盛夏のわずかな間だけ、日本海で行われるうに漁。うにの味は「昆布の質で決まる」と言われます。
日本最北限の島、利尻・礼文島は、北海道有数の漁場として知られていますが、昆布も例外ではありません。リマン海流と対馬暖流、2つの大きな海流の恩恵を受け、この海域は栄養分が豊富。また、利尻山などからの雪解け水が川へと注ぎ、山の養分を海へと運ぶため、利尻昆布が茂る豊かな海をつくっています。旨味の塊・利尻昆布をたっぷり食べて育つため、利尻・礼文産のうに、特にエゾバフンウニは味わい豊かです。口の中で広がるとろけるような深い味わいと、磯の風味を堪能できます。当店では、島うにの中から最上級ランクを厳選しています。

利尻・礼文島の自然環境
利尻・礼文島 地図北海道の夏。夏の海鮮食材の旬と言えば、“うに”!
北海道の“うに”は日高、積丹半島、小樽、浜中、網走、奥尻など、いろいろな産地があります。
夏、北のグルメがこだわって販売させていただく“うに”は、北海道産の“うに”の中でも最高級品とされ、日本の最北限である利尻・礼文・サロベツ国定公園に指定されている自然環境で育った利尻・礼文産の“うに”。夏しか漁をしない、希少な“うに”です。

礼文島 メノウ浜・地蔵岩
昆布美味しい“うに”が育つには、きれいな海と美味しい昆布が必要です。利尻・礼文島はこの2つを持ち合わせています。上の写真は礼文島と利尻島で“うに漁”がよく行なわれる場所、海水は驚くくらいきれいです。海の中で茶色や黒く見える部分は、昆布が生息している場所です。
利尻昆布は京料理の出汁昆布の定番、北海道産昆布の代表格です。この美味しい最高級昆布を食べて、利尻・礼文産の“うに”はすくすくと育ちます。

利尻・礼文島のうに漁
うに漁利尻・礼文島では、貴重な天然資源を枯渇させないための、徹底した資源管理がされています。
“うに漁”は各地区ごとに漁期が異なり、出漁する時間も帰港する時間もきちんと決められています。おおよそ、朝5時半にスタート、その日の波の状態やその年の漁獲量を考慮して、30分から2時間半くらいの時間、漁師さんは必至に“うに”を獲ります。
右の写真は朝6時過ぎ、こんな薄暗い朝に“うに漁”は始まります。
うに漁うに漁うに漁
うに  網“うに漁”は海を荒らさないように、一人乗りの磯舟に乗り、足で櫂(かい)を操り、箱メガネで海底を覗きながら、網でひとつずつすくい上げる方法で行ないます。この全身を使った“うに漁”の作業は、とても過酷です。
この方法で行なう“うに漁”は波が高い日や、海が濁っている日は漁ができません。悪天候のため、数日間うに漁が出来ないことも度々あります。
さらに獲った“うに”ひとつひとつのサイズを測り、規定サイズに満たない小さな“うに”は、すべて海に戻します。

“うに漁”は獲って終わりではありません。殻付きのままでも出荷されますが、一部の“うに”は殻を剥きます。“うに”を剥くのも、漁師さんと家族で行ないます。硬い殻を一瞬で割り、中から柔らかくデリケートな“うに”の粒が壊れないように取り出し、海水で丁寧に洗って“うに”は出荷されます。
うに漁殻付きうにうに サイズ計測
うに 殻割りうに 殻割りうに
利尻・礼文産の“エゾバフンウニ”は夏の約2ヶ月半の間。
その中でも漁が行なわれる時しか味わえない、とても希少な“うに”です。

エゾバフンウニとムラサキウニ
北海道や北方四島で獲れる“うに”は大きく分けて2種類、エゾバフンウニとムラサキウニです。

エゾバフンウニはオレンジ色濃厚な味わい獲れる量がとても少ない希少な“うに”です。バフンという名前のイメージとは違い、日本中で獲れる“うに”の中でも、他の追従を許さない濃厚で甘みのある最高級“うに”です。北のグルメは濃厚なの味わいのエゾバフンウニにこだわり、エゾバフンウニが獲れないわずかな期間を除いて、通年、エゾバフンウニを販売させていただいております。

ムラサキウニは黄色でエゾバフンウニよりも大粒あっさりとした味わいで独特の甘みが特徴で、エゾバフンウニよりも安価です。ムラサキウニは北海道以外でも獲れるため、北海道で獲れるムラサキウニをあえてキタムラサキウニと呼ぶこともあります。

エゾバフンウニは北海道の一部と北方四島などでしか獲れません。その理由は海水温が低すぎても高すぎても生きられないからです。一方、ムラサキウニは海水温が高くても生きられ、繁殖力も強いです。かつての北海道では、エゾバフンウニがムラサキウニよりも多く獲れていましたが、近年はムラサキウニがエゾバフンウニよりも多く獲れるようになっていています。
エゾバフンウニ ムラサキウニ

まめ知識
北海道の地元言葉?ではエゾバフンウニをガンゼ、ムラサキウニをノナとも言います。
ほかにもエゾバフンウニを赤、ムラサキウニを白と言ったり、雌のウニを赤、雄のウニを白と言うこともあります。

塩水うにと生うに(板うに)の違い
“塩水うに”はミョウバンを使用していないので、“うに”本来の味わいを楽しめます
“生うに(板うに)”はしっとりとした粒の食感、寿司など見た目にこだわる料理におすすめです。

“塩水うに”は殻から取り出したままなので、卵の大きさは不揃いです。塩水うに100g前後は小鉢一杯分くらいの量となります。一方、一般的な“生うに”はミョウバンを使っていますので、“塩水うに”よりも卵が大きいです。また、一般的に“塩水うに”は100g前後、“生うに”は120g前後の場合が多いため、量を比べる時に“生うに”が多く見えます。

まめ知識
ミョウバン(明礬)とは?
殻から取り出した“うに”をそのままにしておくと形崩れしてしまうので、“生うに(板うに)”を作る過程でミョウバンを使用します。“うに”が苦手という方の多くが、ミョウバンの味に反応していると思われます。

まめ知識
海水うにとは?
“塩水うに”は“海水うに”とも呼ばれており、同じ商品です。
ちなみに、“塩水うに”や“海水うに”に使われる塩水は、海の水(海水そのまま)ではありません。

塩水うに 生うに(板うに)
とろけるような塩水うに 魚のうころのような生うに(板うに)

塩水うに パックの開け方
パックの開け方1 パックの開け方2 パックの開け方3 パックの開け方4
つまみ部分をしっかりと指で押さえ、もう片方のつまみ部分を引き、プラスチックシールをはがします。 容器のつまみ部分を押さえながら、ゆっくりと蓋を取ります。(この時、塩水がこぼれない様、ご注意ください。) 容器の中のプラスチックケースを持ち上げ、塩水を切ります。(中のケースは穴が開いているので、水気を切ることが出来ます。)
ご注意
塩水を切った後、少量を味見してください。塩分が強いと感じた場合、数分間、先程のプラスチックケースに入れたままにしてください。これにより“うに”に含まれる塩水を切ることが出来ます。

オリジナルパッケージでお届け
利尻・礼文産 塩水うにパッケージ“うに”にはランクがございます。北のグルメは利尻・礼文産の“うに”の中でも、最上級ランクのみを仕入れております。
さらに、産地から直接仕入れた“うに”を、自社工場でオリジナル・パッケージに入れてお届けさせていただきます。
これにより鮮度が重要な“うに”の水揚げからお客様に届くまでの時間を大幅に短縮し、さらに自社で厳密に品質チェックをした商品をお届けすることが出来ます。
北のグルメ うにの流通経路
是非、届いた日に何も付けずにお召し上がりください。まさに自然の海の恵みです。
舌の上でとろける濃厚な甘さと、口の中に広がる極上の磯の風味をお楽しみください。

イチオシ北のグルメは“うに”にこだわっております。ご安心ください。

商品名、産地、容量が同じでも、同じ商品ではございません。
“うに”は産地や品質の違いにより、ランクがございます。
その時期に獲れる最上級ランクのみ、お届けいたします!

うに・いくら丼 海鮮チラシ
2種類の味がベストマッチ、うに・いくら丼 うにを載せて贅沢に海鮮チラシ

ちょっと贅沢、うにクリームパスタ

一年に1度、自分へのご褒美
エゾバフンウニ 塩水うに イメージ
他の画像 塩水うに パッケージ外 塩水うに パッケージ内

利尻・礼文産 塩水うに

塩水うには、うにを殻から取り出した味を楽しめます。
高級寿司店や高級料亭が絶賛する日本一の利尻・礼文産うに。
資源保護のため、夏しか獲らない知る人ぞ知る最高級品です。
今しか食べられない、貴重な味わいをご堪能ください。

発送日翌日お届けの航空便で配送いたします。

利尻・礼文産 うにについて、詳しくはこちら »
規格 エゾバフンウニ 90g前後 カップ入 利尻・礼文島産
賞味期限 冷蔵2日 より美味しく召し上がるために、届いた日か翌日に召し上がることをおすすめします。
※冷凍保存はできません。ご注意ください。
備考 配送方法 航空便 クール冷蔵
お取り扱い期間:6月14日〜8月14日までのお届け限定
入荷量が不安定のため、ご希望の日にお届け出来ない場合がございます。


塩水が入ったパッケージでお届けします。
写真はイメージです。
塩水うに(エゾバフンウニ) 塩水うに(エゾバフンウニ) 90g前後 〈商品コード:3627〉
2016年 販売終了しました。
入荷連絡:入荷日が近くなりましたら、メールさせていただきます »

粒うに
他の画像粒うに イメージ粒うに イメージ

粒うに(塩うに)

礼文島のエゾバフンウニは、良質な利尻昆布を食べて育った夏限定の希少な味覚です。そのエゾバフンウニを塩で加工してあります。
少量をご飯などの上に載せて、お召し上がりください。一夜漬けした濃厚なうにの味わいが、口の中に広がります。
規格 粒うに(エゾバフンウニ) 60g前後 瓶・化粧箱入 礼文島産
賞味期限 冷凍6ヶ月(開封後はお早めにお召し上がりください)
原材料 エゾバフンウニ(北海道礼文産)、食塩
備考 配送方法 クール冷凍
瓶の大きさ:4.8×4.8×10.5cmくらい。
箱の大きさ:5.5×5.5×11.0cmくらい。
写真はイメージです。
粒うに(塩うに) 〈商品コード:6100〉
税込価格 / 3,980円(送料別)