無添加 生うに

無添加 生うに


うに本来の美味しさを、無添加でお届け!
一般的に無添加の“うに”と言えば、“塩水うに”であることが多いです。
今回ご紹介する“無添加 生うに”は、塩水に漬けず、従来の生うにの食感を限りなく残した逸品です。
従来の“うに”のように板の上に載せてあり、大粒の卵のみを厳選しております。生産量・流通量・販売期間が限られた希少な商品ですので、是非、お試しください。

無添加 生うに アップ
殻付き うに本来、獲れたてで品質の良い“うに”は、苦みや独特の匂い・臭みなどしないのです。
“うに”は、時間が経つと品質が変わってしまうので、昔からミョウバン(明礬)を使用して、鱗(うろこ)のようなきれいなたかたちに整え、板の上に載せて、“生うに(板うに)”と呼ばれ販売されています。“生うに”はミョウバンを使用しているので、苦みや独特の匂い・臭みを感じることがあります。
近年、海水と同じ濃度の塩水に漬けた“塩水うに”が多く販売されるようになりました。しかし、“うに”本来のしっとりとした粒の食感は、“塩水うに”より“生うに”の方があるのです。

今回ご紹介する“無添加 生うに”は、ミョウバンを使用せず、塩水に漬けていないので、しっとりとした粒の食感です。従来の“生うに”に比べると卵の大きさの不揃いですが、無添加なので“うに”本来の味わいを楽しめます。
“無添加 生うに”を作ることが出来る加工場は少なく、品質が良い大きな卵の“うに”でないと作れないので、とても希少な商品です。昔ながらの“生うに”をお探しでしたら、この“無添加 生うに”をおすすめいたします。

まずは、何もつけずにお召し上がりください。“うに”本来の深い味わいと甘み、磯の風味が口の中に広がります。もちろん、ほんの少し醤油をたらして食べても美味しいです。

まめ知識
ミョウバン(明礬)とは?
殻から取り出した“うに”をそのままにしておくと形崩れしてしまうので、“生うに(板うに)”を作る過程でミョウバンを使用します。“うに”が苦手という方の多くが、ミョウバンの味に反応していると思われます。

塩水うに・生うに(板うに)・無添加 生うにの違い
塩水うに
塩水うに
生うに(板うに)殻から取り出した“うに”を、海水と同じ濃度の塩水に漬けてあります。ミョウバンを使用していないので、殻付きうにを割って食べた食感や味わいを再現しています。
“塩水うに”は殻から取り出したままなので、卵の大きさは不揃いです。
生うに(板うに)
生うに(板うに)
生うに(板うに)ミョウバンを使用して、板の上に色合いや大きさを整えて、鱗(うろこ)のようにきれいに並べてあります。
“生うに(板うに)”はしっかりとした粒の食感、寿司など見た目にこだわる料理におすすめです。
ミョウバンを使用しているので、賞味期限が若干長いです。
塩水うにと生うに(板うに)の違い
“塩水うに” 100g前後は小鉢一杯分くらいの量となり、卵の大きさは不揃いです。
一方、“生うに(板うに)”はミョウバンを使っていますので、“塩水うに”よりも卵が大きいです。
また、一般的に“塩水うに”は100g前後、“生うに”は120g前後の場合が多いため、量を比べる時に“生うに”が多く見えます。
無添加 生うに
無添加 生うに
生うに(板うに)鱗(うろこ)のように並べていない“生うに(板うに)”のように見えますが、ミョウバンを使用していない無添加の“生うに”です。
塩水うにと同じく、“うに”本来の味わいを楽しめ、食感は従来の“生うに”に限りなく近いです。

まめ知識
海水うにとは?
“塩水うに”は“海水うに”とも呼ばれており、同じ商品です。
ちなみに、“塩水うに”や“海水うに”に使われる塩水は、海の水(海水そのまま)ではありません。

エゾバフンウニとムラサキウニ
北海道や北方四島で獲れる“うに”は大きく分けて2種類、エゾバフンウニとムラサキウニです。

エゾバフンウニはオレンジ色濃厚な味わい獲れる量がとても少ない希少な“うに”です。バフンという名前のイメージとは違い、日本中で獲れる“うに”の中でも、他の追従を許さない濃厚で甘みのある最高級“うに”です。北のグルメは濃厚なの味わいのエゾバフンウニにこだわり、エゾバフンウニが獲れないわずかな期間を除いて、通年、エゾバフンウニを販売させていただいております。

ムラサキウニは黄色でエゾバフンウニよりも大粒あっさりとした味わいで独特の甘みが特徴で、エゾバフンウニよりも安価です。ムラサキウニは北海道以外でも獲れるため、北海道で獲れるムラサキウニをあえてキタムラサキウニと呼ぶこともあります。

エゾバフンウニは北海道の一部と北方四島などでしか獲れません。その理由は海水温が低すぎても高すぎても生きられないからです。一方、ムラサキウニは海水温が高くても生きられ、繁殖力も強いです。かつての北海道では、エゾバフンウニがムラサキウニよりも多く獲れていましたが、近年はムラサキウニがエゾバフンウニよりも多く獲れるようになっていています。
エゾバフンウニ ムラサキウニ

まめ知識
北海道の地元言葉?ではエゾバフンウニをガンゼ、ムラサキウニをノナとも言います。
ほかにもエゾバフンウニを赤、ムラサキウニを白と言ったり、雌のウニを赤、雄のウニを白と言うこともあります。

北方四島産のエゾバフンウニについて
北方四島 地図北海道産でないと品質に不安を感じるお客様もいらっしゃるのですが、北方四島は暖流と寒流が交差することで豊富なプランクトンが発生します。また、棹前昆布などの高品質の昆布が多数生息する最高の“うに”の漁場です。
北方四島の中でも根室半島から洋上3.7kmより連なる歯舞諸島と色丹島で獲れる、最高品質の“うに”を中心にお届けします。

北のグルメの北方四島産“うに”は、日本国内でも屈指の衛生的な提携加工場にて商品化しております。
衛生管理基準・HACCPに則った自主管理のもと、安心安全の“うに”でございます。

うに加工場 うに加工場 うに加工場

海鮮チラシ うに丼
うにを載せて贅沢に 海鮮チラシ シンプルかつ豪華に うに丼

無添加 生うにの魅力は?
無添加の“塩水うに”よりも、しっとりとした粒の食感を楽しめる
品質が良い大きな卵の“うに”でないと作れないため、販売出来る期間が限られている
“無添加の生うに”を作れる加工場が少ないため、希少価値がある

希少品商品名、産地、容量が同じでも、同じ商品ではございません。
“うに”は産地や品質の違いにより、ランクがございます。

“無添加 生うに”は、通年販売することができません。
品質の良い商品が入荷する時のみ、販売させていただきます!
無添加 生うに(エゾバフンウニ)
他の画像無添加 生うに( エゾバフンウニ )

無添加 生うに

従来の生うにの食感を限りなく残しつつ、無添加にこだわった逸品です。
ミョウバンを使用していないため、かたちが鱗のように整っていませんが、大粒で最上級ランクのエゾバフンウニのみを使用しております。

発送日翌日お届けの航空便で配送いたします。
規格 無添加 エゾバフンウニ 100g前後 1折 北方四島産または北海道産
賞味期限 冷蔵2日 より美味しく召し上がるために、届いた日か翌日に召し上がることをおすすめします。
※うには冷凍保存はできません。ご注意ください。
備考 配送方法 航空便 クール冷蔵
入荷量が不安定のため、ご希望の日にお届け出来ない場合がございます。
容器の大きさ:11.0×16.0×4.0cmくらい。
写真はイメージです。
無添加 生うに(エゾバフンウニ) 無添加 生うに(エゾバフンウニ) 100g前後 1折 (北方四島産) 〈商品コード:3702〉
販売終了しました。
入荷連絡:入荷日が近くなりましたら、メールさせていただきます »