冷凍がにの解凍方法

売られている冷凍がにとは

一般的に売られている冷凍したかには、業務用の冷凍庫で急速冷凍してありますので、家庭用の冷凍庫で冷凍したかにとは違います。
また、乾燥などで蟹の風味を損なわないよう、急速冷凍をする際、表面にグレース(薄い氷の膜)を付ける処理がされていています。

かにの解凍方法
1 かにの水分蒸発を防ぐため、冷凍状態のかにを厚手のキッチンペーパーなどに包みます。水がたれるので、皿やバットなどを下にひいて、冷蔵庫に入れてください。
甲羅が付いているかには、必ず甲羅を下(お腹側を上)にしてください。
解凍する途中で水がたれます。かにが解凍された水に漬かったままになるのは良くないので、食器洗いの水切りバット(カゴ)などを利用するのも良いでしょう。
2 冷蔵庫の中で約半日~1日かけて、ゆっくり自然解凍してください。
(毛がに・ズワイガニの場合、甲羅の中に蟹味噌があり、大きさにより解凍時間がかなり違います)
参考時間:カットしてないタラバガニ足は約24時間、カットされたタラバガニ足は約18時間。

【ご注意】
急いで解凍するために、蒸し器や電子レンジで解凍することは、おすすめできません。急速に解凍すると、旨味成分がドリップとして出てしまいます。

一般的に鍋や焼き蟹には、「生」と表記されているもの(殻の色は茶褐色)をご使用ください。殻の色が赤いかに足はすでに茹でてあるので、そのままお召上がりいただける商品ですが、下記の説明を参考にしてください。

冷蔵庫での解凍時間
冷蔵庫の中で約半日~1日かけて、ゆっくり自然解凍してください。(毛がに・ズワイガニの場合、甲羅の中に蟹味噌があり、大きさにより解凍時間がかなり違います)
参考時間:カットしてないタラバガニ足は約24時間、カットされたタラバガニ足は約18時間。

茹でてあるかに足を鍋に使用する場合
最後にひと煮立ちする頃に入れる程度で十分です。加熱し過ぎは味が濃くなり、身がぼそぼそになるので、注意ください。

茹でてあるかに足を焼き蟹に使用する場合
軽く温める程度がおすすめです。加熱し過ぎは身がぼそぼそになるので、注意ください。

食べる直前になっても凍っていたら、ビニール袋に入れた状態で水道水の流水を掛けて解凍します。この方法はあくまでも最終手段です。
冷凍がにの再凍結は、風味が損なわれますのでおすすめできません。
かに足がしょっぱい場合は?

製造過程において、塩分チェックを十分にしておりますが、ごくまれに抱き身(足の付け根)部分がしょっぱい場合がございます。
その場合、「塩分濃度 約2%(水1リットルに対して、塩20g)の塩水に20~30分漬けておく」としょっぱさが抜けますので、お試しください。