真つぶ貝

真つぶ貝 つぶ貝には、真つぶ、磯つぶ、灯台つぶのほか、地域によっては巻いている様々の貝をつぶ貝と呼んでいるため、実際にはたくさんの種類があります。
海鮮市場 北のグルメ海鮮食堂 北のグルメ亭のつぶ貝は、エゾバイ科エゾボラの真つぶ貝です。
真つぶ貝の中でも大きなサイズのみを仕入れており、お刺身にするとコリコリとした食感が最高でございます。

海鮮市場 北のグルメで真つぶ貝をご購入いただいたお客様には、さばき方の説明をお付けしておりますが、海鮮食堂 北のグルメ亭の料理人が真つぶ貝をさばく様子を動画にいたしましたので、さばき方をご覧ください。
また、当店の真つぶ貝の大きさもご覧いただけたら幸いです。
つぶ刺

真つぶ貝のさばき方
ご注意!
真つぶ貝の通称あぶらと呼ばれる唾液腺には、テトラミンという毒成分が含まれています。あぶらを食べると、頭痛、めまい、吐き気など、軽い食中毒の症状が出ますので、必ず取り除いてください
また、あぶらの毒性分は命にかかわるものではありませんが、お刺身以外の熱を加える料理でも、必ず取り除いてください。

アイスピック、軍手
補足説明
・アイスピックがない場合は、キリ(千枚通し)などを代用してください。
・殻から身を取り出す時、怪我しないように軍手をはめるとより良いでしょう。
・荒塩がない場合は、精製塩を使用しても良いです。

前のページに戻る